contact of the day

おいしい串かつ

2011/10/26

おいしさというものは
食するモノの中だけに
存在するのではなくて
どこで、どんなふうに、誰と
食べているのか
それらもみな
おいしさを感じるために
大切なことなのだと思いながら
ジャンジャン横丁で串かつを食べる

Steve Jobs

2011/10/06

お陰さまで
最初にMacを使い始めてから
20年が経ちました

これから
Steve Jobsのいない世界は
少し寂しくなる気もするけれど
Steve Jobsの想像した未来を
生きることは出来るかもしれません

感謝と共に


世界の中心の白菜と肉片

2011/10/03

故宮博物院で
それらを一体どう鑑賞すればいいのか
いまひとつ僕にはよくわからなかったけれど

中国がどういう国なのか
今までにない見方が
すこしできるようになったかもしれない

オリジナルに比べて劣化するコピーもあれば
オリジナルよりもよく出来たコピーもある
何代ものコピーを経て
進化してゆく素材や技術や道具もある

学ぶという言葉は
まねぶ(まねをする)という言葉に
由来すると聞いたことがあるけれど
誰だって最初から最高のものを
作れるわけではないのだ。

そういえば、人間だって
DNAのコピーから作られているのだから

日本の山

2011/09/13

富士山を見た
8000mを超える山々を見た後には
どう見えるのかなと
思っていたけれど

久しぶりに見た富士山は
大きくて美しかった

さよならデュー

2011/09/03

去る者よりも、去られるもののほうが
ずっと寂しい思いをする

デューは知っていただろうか
いつもより少し早めの今日の散歩が
僕と歩く最後の散歩だということを
ぺろぺろと僕の顔を舐めながら
お互いに目を合わせたのが最後の瞬間だということを
日本とパキスタンはとても遠くて
ここでの仕事が終わった僕は
明日からはもうこの家には戻ってこないということを

できれば、知っていてほしいと思う
悲しいけれどもうお互いに会うことはないのだ

少し遠慮したり、臆病だったりすることもあったけれど
犬は決して嘘をつかない
そのきれいな瞳で、今まで僕のめんどうを見てくれて
どうもありがとう、そしてさようなら

今生

2011/09/02

今日、庭師が食事をおごってくれた
明日が僕のパキスタン最後の日なので
庭の手入れの仕事をしている高級レストランに
つれていってくれるというのだ
僕は少し遠慮しながら
イチゴとバナナのスムージーと
フィッシュアンドチップスを食べた
彼はマンセラという地方の出身で
2005年には大きな地震の被害を受けた
最近ホンダのバイクを買った
中古で4万いくらかだったらしい
そして今月末には結婚するという

メールアドレスも持っていないし
連絡するにも携帯電話ぐらいで
Keep in touch は簡単なことじゃあない
日本とパキスタンは遠い
別れというのはこういうものなのだ

明日借りていた家を出るので、彼の仕事も一つ減る
僕と彼で作った庭は、一年後、10年後
どうなっているだろうか
僕も彼も、きっとそれを見ることはないのだろう

断食月のおわり

2011/08/29

ラマダンの終わりは
新月を過ぎた月が
観測されるかどうかにかかっている

天文学的には
この細い月が見えるかどうかは
予測できそうなものだけれど

実際のところ
月は必ず
権威によって
観測されなくてはならない

観測されなければ
断食月が一日伸びる

どんな機材を使っているのか
少し気になる

最後の日曜日

2011/08/28

今日はいつもの日曜日のように
湘南BeachFMを聴く

イスラマバードで聴くのは、今日で最後なので
番組にメールを送る

程なくして、パーソナリティーが
僕の送ったメールを読む
「今日もいつも変わらぬ元気な放送をありがとう」
「そしてこれからもよろしく」

日曜日を過ごす場所は
あちこち変わって

放送は電波ではなくインターネットで送られて
僕はハガキでなくメールで便りを送るようになった

自分のメッセージが読まれるの聞きながら
変わらないラジオが、嬉しかった
そしてこれから過ごす日曜日のためにも
ずっと変わらないで欲しいと思った

ハリプールからの贈り物

2011/08/27

Haripurというイスラマバード北部の県を訪れる
プロジェクト最後の訪問

プロジェクトを離れる時というのは
出会った沢山の人と離れる時

握手をして、さよならの挨拶を交わしながら
毎度ながら思うことは

援助、支援という形で、一方的に何かを
贈与しているように見えても

こちらも、たくさんのものを贈られていて
そんな、形に見えず、表現できない
贈り物の大きさに、涙が出そうになる

このうれしさを、また贈り物にして
いつかどこかで誰かに贈りたいと思うのだった

帰り道、今年はじめての芒が
たくさんハイウェイに見えた

パキスタン、3度目の夏もやっと終わる

10日前

2011/08/22

二人目の友人が帰る日
パキスタンでの滞在は残り10日となった
犬の散歩や、早朝のテニス
ささやかだけれど確かな日常はもうすぐ終わる
次にどこでどんな日常を始めるのか
いまだ考えがまとまらない

月は次第に新月に近づいて
1週間ほどでラマダンも開ける

Shigar村にて

2011/08/21

パキスタン北部
ギルギットーバルチスタンと呼ばれる地方
ヒマラヤ、カラコルム、ヒンドゥクシュ
世界の屋根と呼ばれる山脈の懐
峻険な地形に阻まれた谷ごとに
かつて幾つかの王国があったという
その谷の一つは、シャングリラとも、桃源郷とも呼ばれた

パキスタンという国の一部となった今でも
かつての王国の人々はそれぞれの言葉を話す
電話も、テレビも、インターネットさえも
やってきたけれど

ここはまだ世界のどこからも
遠く離れた場所のように思える

Dragonfly

2011/08/11

このところ、モンスーンの雨が降る
タイミングがすこしずつ早くなってきた

今日は散歩の最中にとんぼを見かけた
一匹ではなく、たくさんの群れ

まだまだ暑いけれど
少しずつ季節は変わってゆく

終わりの始まり

2011/08/01

8月が始まり
断食月が始まり
そして、パキスタンでの最後の月が
始まった

あとひと月で
この時間も終わるのだと
犬に言い聞かせながら
散歩する夕べ

とんでもないところ

2011/07/30

世界の屋根、三つの山脈の狭間で
交わした言葉は
「また、とんでもないところに
来てしまいましたね」
だった

有朋自遠方来 不亦楽

2011/07/23

1999年にシリアの最果てまで行った
日本にいる友人が
イスラマバードにやってくる
今度はパキスタンの最果てを目指す旅